起床後、目を覚まして準備運動をしてからランニング等を始めるようにしてください。

朝活を起きた直後に始めるのはよくない?

 

朝活は早起きが基本です。
ギリギリに起きると、仕事へ行くための準備で時間を使い切ってしまうでしょう。
少しでも多く朝活の時間を確保するのが大切なのです。

 

ですが、実は起きた直後に始めるのは良くない朝活があります
重大な病気に繋がることもあるので、起床直後に避けるべき朝活を解説します。

 

 

何よりも注意したいのがヒートショックです。

聞き慣れないかもしれませんが、これは心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性がある重たい症状です。大抵の人にはヒートショックの症状は現れませんが、いつ何が起こるかは分かりません。

 

このヒートショックは、家の中の急激な温度差により、血圧が変動するのが原因です。

 

つまり、布団の中の温かい場所から寒い部屋の中へ飛び出すのが良くないのです。
目が覚めてもいきなり布団から出ないで、手足を動かして少し温めてから起床しましょう。

 

 

次に、起床直後にスマホのチェックをするのも良くありません。

メールやLINEのチェックもそうですし、意外とゲームを起動する人も多いです。
液晶画面は強い刺激的な光を発しているため、目の疲労が溜まってしまいます。

 

朝起きてすぐスマホをチェックする人

また、メールなどのチェックが仕事関係なら、ストレスになり兼ねないので止めましょう。

 

プライベートな時間まで仕事にからめとられてしまっていると、朝活での癒しではどうにもなりません。

 

職場の環境をよく分析して転職も視野に入れましょう。

 

 

また、起床直後に熱過ぎるお風呂に入るのもNGです。

熱いお風呂に入ると血液が濃縮され、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
程よい温度のお風呂にしたり、水分補給をしたりして入るようにしましょう。

 

同様に急激な運動も良くありません。
起床してから目を覚まして、準備運動をしてからランニング等を始めるようにしてください。

 

 

起床直後に行ってはいけない朝活は意外と多いのです。

 

ただし、これは起床直後にやるのがいけないだけであって、正しい方法で行うならとても良い効果をもたらします

 

朝活の知識や方法をリサーチしてから実行に移すのが最適でしょう。
快適な朝活を続けられるように、自分に何が合っているのか考えてみると良いです。

 

朝活を続けるためのコツはあるのか?